2019-02-23-kinnkann01

キンカンを収穫、そして先日の低気圧通過に伴う南風で落ちたハッサクや夏蜜柑を拾い集めて来ました。
まさに柑橘類ブーム 

2019-02-23-mikann01

喜ばしきことではありますが、加工にかかる時間と手間を考えるとちょっと頭が重たいです。

木になっているものは、まだまだこの5倍〜10倍くらいあります。


2019-02-20-Nathumikan


夏蜜柑は5月くらいまで木に成らせておけるのですが、ハッサクは早々に収穫しなくてはなりません。

一番美味しいのは、実をむいて砂糖漬けにして冷凍しておくこと。冷凍庫からだしてすぐに食べられます。半氷状態で、そのままシャーベットとして食べるのが美味しいです。 …が、皮を剥くのが一苦労。

とりあえず、オホーツクで雪と流氷に閉じ込められている娘のところへ送りました(お世話になっている農家さんたちに配るのですが、北海道の人たちは柑橘類をとっても喜んでくれます)

が、まだたくさんある。大量保存するにはマーマレードやジャムも美味しいけど…、すでに柚子がいっぱい出来てるからなぁ〜。

箱を持って取りに来てくれれば、差し上げますよ〜。
ついでに、花植え(カモミールなどの苗がいっぱいある)を手伝ってくださったりしたら、お昼もごちそうします!


さて、コンポートやジャムなど柑橘類を加工する時に欠かせないのが、やっぱりスパイス。
柑橘類の少し刺激性のある酸味を抑えてまろやかにし、そして柑橘の良い香りを引き立ててくれます。

柑橘類に向くスパイス類は、基本のスパイス(お菓子用)とだいたい重なります。 
使われるのはいわゆる温性スパイス(※西洋では、東洋の陰陽に対応する温冷で性質を分類します)が中心で、これが酸性の強い冷性の食品である柑橘とのバランスを取ってくれます。

列記すると…
シナモン、クローブ、オールスパイス(ピメント)、スターアニス、フェンネルシード、コリアンダーシード、ジンジャー、カルダモン など (太字は必須となります)

その他、お好みによりますが、ミント(葉、フレッシュor ドライ)、ローズマリー(葉ドライ )、ラヴェンダー&ハイビスカス(花 ドライ)などを補助的に加えると華やいだ風味が楽しめます。