フェンネルの風味は柑橘類とも良く合います。
夏ミカンと一緒にマリネーにしてみました。

2019-03-07-fenchel-salat

これも作り方は至って簡単です。
ポイントはマリネ液に夏ミカンの果汁とはちみつなどを加えて甘めのつけ汁にすること。
塩コショウで、しっかりとした味付けにすること。
シェリー酒を少し加えると風味に深みが増しますが、なくても(お子さんには使えませんし)OK。


◎材料 (2〜4人前)

◎ 作り方

・フェンネル(茎) 小2個(約350g)
・夏ミカン 1個

・玉ねぎ(または長ネギ)小1/2

マリネ液の材料

・ビネガー 大さじ1

・ミカン果汁 大さじ1

・シェリー酒大さじ1+1/2 

(なくてもOK)

・はちみつ(または砂糖)小さじ1

・塩、胡椒

1) きれいにしたフェンネルの茎を4〜8等分にし、沸騰させた塩水で2〜3分茹でて冷水に取ります。ザルに上げてよく水切りします。

2) 玉ねぎ(または長ネギの白い部分)を細かいみじん切りにし、マリネ液と一緒にして良く混ぜ合わせ、塩コショウでしっかりと味付けします。

3)フェンネルを平らな皿やガラス容器に入れ、(2)で作ったつけ汁を上から注いで少なくとも3時間漬け込みます。蓋付きの容器で冷蔵庫に入れ、3日間は保存できます。皿に盛ってサーヴィスする時に、夏ミカンのほぐし身を添え、刻んだフェンネルの葉をふりかけます。

Tipps  レーズンやデーツ(ナツメヤシ)などのドライフルーツ。また、モッツァレラチーズやサラミを添えても美味しいです。



前菜として最適。
胃腸の薬でもあるフェンネルはお腹をスッキリさせ、食欲を増進させてくれます。