おはようございます。
午前8時半現在、軒下の温度計は13℃。この間続いた寒い朝に比べると温かく感じます。
空全体に薄い靄がかかっていますが青空が広がり、二十四節気の清明の候にふさわしい清々しい朝を迎えています。
ただ、風が吹き出してこの後お天気は下り坂、間もなく雲が広がり夜には雨の予報になっています。

みなさまの地方はいかがでしょうか?

さて、ようやく梨の花が咲き始めました。

2019-04-14-birne-blüten02

種類は洋梨、品種はナポレオンかバートレットのどちらかです(植えて15年余り、もう分からなくなってしまいました) 。

2018-04-06-Pirnen-Blüten

 こちらは昨年4月6日の同じ洋梨。すでにほぼ満開でしたから、今年の開花は半月近く遅いことになりました。今年の4月上旬は、だいぶ寒かった事がこれでもわかります。(気象庁の季節予報=長期予報、気温は高い確率の方にあったので、ちょっと外れたみたいですね。ただ、これあくまでも確率なので…、という逃げ口上が付いている)

さて、お天気の良かった昨日13日、再度パセリの収穫を行い、前回(4月1日)同様、軒先に吊るしました。

2019-04-14-Petersielie01


土を良く水洗いして落とした後、石灰水(説明→)に浸けて、細かい汚れや雑菌を落とします。
ここで活躍したのが、子どもたちが赤ちゃんの時に使ったベビーバス。 ちょうど良い大きさでした。

2019-04-14-Petersielie05
石灰水にしばらく浸けると、水洗いだけでは落ちない細かい汚れも分離して、ご覧のようにキレイになります。

2019-04-14-Onigiri


一方、こちらは半月前に同様にして干しておいたパセリとスウェーデン蕪。干す前に比べて3分の2〜半分くらいの大きさに縮んでいます。

2019-04-14-Petersielie03

驚いたのは、パセリが枯れるどころか、一部にみずみずしい葉を保ったまま…、

2019-04-14-Petersielie04



こんな風に成長しようとしているものもあること。
お豆さんの記事」の雑草のうどんこ病のところで、健全な植物は枯れないと書きましたが、まさにその通りです。



2019-04-14-Petersielie-suppe

この干したパセリと蕪で野菜出汁を作り、汁ビーフンを作りました。 
(トッピングは、パセリペースト)

干し野菜では、青臭さ(青葉アルコール)が蒸発してなくなる一方、その他の養分は凝縮されているので、穏やかで滋味のある出汁ができます。
美味しかった! ごちそうさま。

→野菜出汁の作り方。