今晩、4月30日の夜は、ハーブや魔女に関心のある人にとっては外せない祭日です。



ヴァルプルギス・ナハト(Walpurgisnacht)は、古代ゲルマンの神話世界に繋がるヨーロッパの中、北部地域の伝統的なお祭りです。春から夏へ(緯度の高い地方は冬から春へ)と切り替わる4月30日から5月1日の夜に、大きな火を焚いて行われました。中世になってキリスト教が入ってからは歪められてしまい、例えばドイツでは、この夜たくさんの魔女がブロッケンという山に集い、(キリスト教によって)魔物とされた彼らの神々と酒宴を開き、いかがわしいお祭り騒ぎをする夜…というような伝承を産みました。(例えば、ゲーテの『ファウスト 第一部』「ヴァルプルギスの夜」の場面)

でも、本来は、ケルトのハローウィン(秋から冬へ)や、日本のどんど焼き(冬から春へ)と同じく、季節が滞りなく移っていくことを願い、災いを遠ざけ、幸いを招く季節行事のひとつであったと思われます。

ちょうど、ハーブの花が咲き始める頃。
まさに薬草使い=魔女たちの日に相応しい夜です。



✿ 参考 Wikipedia


◎お手間でなければ…応援クリック お願いします。


ゲストハウスランキング


ハーブ料理ランキング


ハーブ園芸ランキング