190725_0271

最近のお料理から…。

ワカシ…成長に従って名前の変わる「出世魚 ブリ」の、35cm以下の幼魚を関東地方でこう呼びます。

ブリは日本近海を中心に東はハワイ、北はカムチャッカ半島、南は東シナ海に分布し、日本と周辺の弧状列島(本州や琉球・南西諸島、伊豆・小笠原、千島列島など)の沿岸沿いを、春から夏は南から北へ、初冬から春は北から南へと回遊し、大きくなると1メートル半まで成長する魚です。英語では japanese amberjack (ジャパニーズ・アンバージャック=日本のヒラマサ)と呼ばれる日本を代表するお魚。

春に生まれた子どもたち(モジャコと呼ばれる)は沿岸域で成長し、秋に外洋に出て回遊の旅に加わるそうです。生後一歳で30センチ前後のワカシに成長します。
梅雨明けのこの時期、地元のお魚屋さんに並びます。

成魚のブリの様な脂や旨みは少ないのですが、その分アッサリとしていて、スパイスを効かせてマリネしたあと、表面をごく短時間ソテー、直ぐに冷やしてハーブとオリーブオイルと和えてカルパッチョにすると美味しいです。 身を取ったアラ(骨や頭)はさっぱりとした出汁が取れます。


190725_0235


ヨーグルトの魚用ソースと、タヒーニ(ゴマペースト)とおろし生姜のソースで召し上がっていただきました。美味しそうでしょ?