191204_0695-2

写真は蜜柑のコンポートと自家製フレッシュチーズ のデザートです。

当地は蜜柑産地なので、隣町の 湯河原 には専門の蜜柑問屋さんがあります。
その時々の美味しい品種の蜜柑や柑橘類が並んでいて、試食しながら購入ができます。




ここではまた、普通お店には並ばない様な一口サイズの小さなお蜜柑も手に入ります。
そこで、この小さな蜜柑を活かした丸ごとコンポートを作りました。
 
作り方は簡単で、外皮をむいた後、丁寧に白い筋をのぞき、丸ごと砂糖と果汁、スパイスで煮るだけです。
191118_0622

鍋に蜜柑を並べ、蜜柑の分量の3分の1〜半分ぐらいの砂糖を加え(今日はお好みで加減してください)、一個分の蜜柑の果汁と半個分のレモン汁(またはクエン酸少々)を絞ってかけ1時間ほど置いてなじませます。


スパイスは、シナモンスティック、クローブ、カルダモンなどのホールそれぞれ1〜2ほど加えます。
以前に紹介した、お菓子用スパイスを使っても、美味しく簡単に出来ます。

2019-02-01-Gewürz00



お好みで白ワインやブランデー少々を加えてもOK。コンロにかけ、沸騰させたあと10分~15分ほど弱火で煮て火を止め冷まします。そこで蜜柑にシロップが十分浸透していなければ、そのあともう一度、沸騰させて弱火で煮て冷まします。
煮る時に落し蓋(またはクッキングペーパー)で覆いをすると、全体にシロップが行き渡り早く、美味しく出来上がります。

191118_0624

注意点は火加減で、弱火にしてグツグツ煮る時に火が強いと煮すぎて形が崩れたり、焦げたりしてしまう点。ご注意ください。 ただ、焦げるのは問題外ですが、型崩れは盛り付けの見た目が悪くなるだけで、味は変わりません。

電子レンジを使っても美味しく出来ます。一旦、ガス火などで沸騰させた後、ガラスの耐熱容器などに入れて電子レンジの弱(500w以下)で調理した方が楽だと思います。ただその際も、時々様子を見て焦げ付きなどが起きてないか、確認してください。

出来上がったら煮汁ごとガラス容器に移して冷蔵庫で良く冷やします。

191118_0626

ヨーグルトやフレッシュチーズ(=クリームチーズやカッテージチーズ)、アイスクリーム、チョコレートシロップなどを添えていただくと美味しいです。

※ 一口では食べられない大きめの蜜柑の場合は、半分にして煮ます。