今日は日中暖かく、よく晴れたのですが、外は風が強くて難儀しました。みなさまの地方は、いかがでしたか?


さて、畑ではキャベツが美味しい季節を迎えています。
キャベツというと春キャベツが知られますが、暖かい平地で作る場合、初冬の今頃から、花芽が出来始める2月上旬頃までが一番美味しく食べられる時期になります。

191207_0717

今日はキャベツをたっぷり使ったスープを作りました。 
普段はトマト味のスープにしますが、最近のテーマであるスパイスを活かしたカレー味のスープに。


191212_0764

玉ねぎとキノコ、大豆ミートを、印度カリー子 さんレシピのグレービー(スパイスと良く炒めた玉ねぎ、トマトのペースト)で下味をつけたあと、キャベツをギュウギュウにお鍋に詰め込んで圧力をかけて調理しました。
加える水は最小限にして、野菜から出る水分を生かしたスープにしました。
寒くなって甘さが増したキャベツ、食物繊維もたっぷりのスープになりました。

191212_0766

仕上げのスパイスは、ターメリックとナツメグ、コリアンダーを多目にして。
キャベツは調理すると含まれる硫黄化合物による独特な臭みが出るのですが、これらの地味な香りのスパイスがそれを打ち消す様に抑えてくれます。一方、香りの強いクミンは少なめにして、美味しく感じられるキャベツの風味はなるべく活かすようにしました。ねじ巻きマカロニと自家製フレッシュチーズを添えて。