今日は冷たい雨に時折みぞれが混じる、寒い一日でした。
箱根の山間部では雪になっているそうです。
皆様の地方は、いかがでしたか?

白菜を、ヨーグルトをベースにしたドレッシングでいただく、ドイツのレシピサイトで人気のサラダを作ってみました。 白菜はドイツ語でChinakohl(ヒーナ・コール)=中国のキャベツといいます。ドイツでは主にコールスローの様なサラダとして利用されているようです。

日本ではキャベツや白菜のコールスローサラダにはマヨネーズを使いますが、ここではヨーグルトを使うので、ヘルシーでずっとさっぱりとしたサラダになります。そしてハーブがフレッシュな香りを楽しませてくれます。

また、このサラダには夏みかん類がよく合い、ちょうど食べごろを迎えた畑のハッサクを添えてみました。さらにソーセージやハムも合います。ピリ辛のトマトソースをかけたソーセージと全粒粉パンをお皿に載せて、立派なランチになりました。



20200118_0011

◎材料(4人前)
・白菜 約400g

◎ドレッシング材料
・ヨーグルト(乳脂肪3.5%以上)カップ1+1/3 (約266cc)
・塩 小さじ 1/2 (3g) 胡椒少々
・砂糖 小さじ1+1/3 (4g)
・レモン汁 小さじ1+2/3 (約8cc)
・酢 大さじ2+2/3 (約40cc)
・食用油大さじ2+2/3 (約40cc)
・ハーブミッシュング(Mix)(パセリ、ディル、クレソン、チャービル、チャイブス、タラゴン、サラダバーネット、ボリジ、フェンネルなどお好みのサラダ用ハーブを数種類)または、 ドライハーブシード数種(おすすめはキャラウェイ、ディル、マスタード、クミンなど)

◎作り方
1: 白菜をきれいにして、細いストライプ状に刻み、ざっと洗って良く水を切ります。

200113_0009

自家製の白菜。今年は上手に出来ました。

20200118_0004

ざっと洗ったあとに、ザルに上げてよく水切りするのがポイントです。

2: ドレッシングを作ります。
ヨーグルトをボールに入れ、塩、胡椒、砂糖、レモン汁、酢、食用油、ハーブ & ハーブシード(※お好みのものを何種類か合わせて)を良く混ぜ合わせます。

20200118_0006-1

ハーブ以外のドレッシング材料を合わせたところ。

20200118_0006

いま取れるフレッシュハーブ。パセリ、フェンネル、ディル、チャービル、ナスタチュームの葉。

20200118_0009-1

フレッシュハーブを刻んでドレッシングに入れたところ。さらにハーブシードの、キャラウェイ、マスタードを軽く潰して加えました。

3: 水切りした白菜にドレッシングを加え、良く混ぜ合わせます。レシピの塩加減は少し少なめです。ここで味見をしてみてもの足りなければ塩を加えて下さい。約15~20分ほど漬け込んだあと、召し上がって下さい。


20200118_0009

4:このサラダにはミカン類を添えると、一層美味しいサラダになります。 また、生ハムでこのサラダを包んでもとても美味しいです。

印刷用pdfファイル→ 

オリジナルレシピ