20200209_0009

今日はひな祭りを飾りました。
子どもたちもはや20代後半で、家を遠く離れて生活しています。わざわざ帰ってくることもありませんが…、この時期、そのまま仕舞っておくわけにもいきませんね。

人形の所有者の長女は、小さい頃から女の子の遊びには関心を持たなかったので、人形をさわったりいじったりすることもなく、ほとんど買った当時のままです。

宿のダイニングに飾ってあげれば、お客様のお子さんたちが喜んで下さいます。
こういうものは、見てくれる人がいて、はじめて活きるものですね。


#hinamatsuri #ひなまつり #ひな祭り

Today I have exhibited Japanese traditional dolls for Hina-matsuri in the dining room.
Hinamatsuri (雛祭り, Hina-matsuri), also called Doll's Day or Girls' Day, is a special day in Japan.[1] Celebrated on 3 March of each year,[2] platforms covered with a red carpet-material are used to display a set of ornamental dolls (雛人形, hina-ningyō) representing the Emperor, Empress, attendants, and musicians in traditional court dress of the Heian period.